]

マンションの大規模修繕工事で無足場工法を選択する利点


マンションの大規模修繕工事で無足場工法を選択する利点

マンションの大規模修繕工事で無足場工法を選択する利点

マンションの大規模修繕工事で無足場工法を選択する利点 近年、あまり規模が大きくないマンションの大規模修繕工事において無足場工法と呼ばれる手法が選択されるケースがあります。
無足場工法とはその名の通り、足場を使わずに工事を行う方法で、建物の屋上から垂らしたロープにブランコやゴンドラを繋いで、その上に作業員が乗るか、ロープにフックをかけて作業員がぶら下がりながら作業を行います。
工事の実施場所によっては高所作業車がつかわれることもあります。
この工法は、作業員にとっては不安定な場所で作業を行わなければならず、一定水準以上の技術をもつ業者にしかできないという欠点はありますが、工事の依頼者にとってはとても利点が大きい工法だといえます。
無足場工法を選択する最大の利点は、工事費用を安くできることです。
マンションの大規模修繕工事は足場が組まれた上で実施されることが多いですが、実は修繕工事の費用の中で多くを占めるのがこの足場に関する費用で、占める割合は工事全体の費用の2割から3割といわれています。
無足場工法を選択すると、この足場に関する費用が計上されないため、その分工事費用を安くすることが可能になります。
また、工事の内容においても、足場を組む作業と解体する作業が不要になる分、工期を短縮できる可能性が高い点や、狭い場所や地盤がしっかりしていない場所など、足場が組めないような場所でも工事が可能になる点など、多くの利点があります。

マンションと大規模修繕工事と内装について

マンションといえば鉄骨の骨組みやRC構造で建てられたものなどがありますが、そのどれもが5階建て以上の建造物になります。
大規模修繕工事というのは一回建てられたれマンションに手を加えて住みやすくすることです。
内装部分にはその部屋を和室にするか洋室にするかで決まります。
和室にすれば畳などが必要ですし、逆に洋室ならば床の部分を板張りにするでしょうし、又その部屋の構造にもワンルームや2LDKといったものがありますし、ワンルームにはトイレとお風呂が一体化になったユニットバスが有り、2LDK以上の部屋にはその部分が分かれていたりします。
大規模修繕工事では老人やお体を悪くされた方などが住みやすくされるために段差をなくしたりドアを開ける時などにも引き戸のようなものに変えたりすればいいです。
洗濯機についていえばワンルームではどうしてもベランダに置くか或いは部屋の中に防水板のような付いているところが在りますが、大部分はベランダに置いている方が多いです。
もっと部屋がある場合には洗面所と言われる部分に老いているところがあります。
コンロについていえばワンルームでは一口コンロ(ガスの場合)やIHコンロなどが使われていたりしますが、広い部屋では二口コンロやビルトインされたものを使っています。


Copyright 2016 Repair Request All Rights Reserved.